本日 93 人 - 昨日 67 人 - 累計 147224 人 ショッピングカート サイトマップ

占いは身近なもの

  1. HOME >
  2. 占いコラム >
  3. 占いは身近なもの
占いは身近なもの

子供の頃によく遊んだ靴飛ばしは、お天気占いとして有名です。お天気占いといえば遥か昔、邪馬台国で最も偉大とされ国を動かしてきた歴史があります。国を治めるほどの力があった占いは、弥生時代に中国から日本に伝わったとされています。


占いと時代の流れ

信仰心の強い日本では占いや呪術、祭祀などが絶対的な権力を持っており、飛鳥時代には国策として取り入れられています。平安時代には陰陽師という占い師が誕生し、鎌倉時代になる頃には庶民にも流行します。
やがて室町時代には占い学校が設立され、時代が移り変わるとともに占いにも種類が増え、東京でもよく見かける易占や水晶占いが誕生しました。


透視する力

霊感霊視・透視するという力は、特殊な状況下で育った霊能者以外にも水晶を通して未来を見る事はできます。霊感霊視というのは姿形のない存在を見るのではなく、映像やメッセージとして映るものを見るのです。


身近になった占い

電話占いやタロット占いなど、身近になった占いを受動的だと考える方もいらっしゃいます。
その反対に透視する力は能動的で、魔法に近いと信じている方もいらっしゃいます。
しかし、どちらも問題を解決するために必要とされています。当たるも八卦、当たらぬも八卦という言葉がありますが、これは中国の陰陽思想に基づく言葉である「八卦」が元です。占いは由緒正しい存在だという事を、私たちは忘れてはいけないのです。

当サイトはメール鑑定や電話占いを承っております。LINE鑑定やSkypeなどの占いも評判です。
東京や千葉で占い師をお探しの方、良縁祈願、縁結び、様々な願いごとで打開策、霊感霊視を希望される方はお気軽にご利用ください。